2019年7月15日月曜日

セントラルドグマは大陸系。

L型スプーン。



 今日は以前のプロパーアイテム啓介作のL型スプーンをリメイクしてみた。。というブログです。

原型が身近なアイテムなだけに同じ様な雰囲気にはしたくない、、、というのが本音で、じゃあリメイクでも何でもないただのいつも通りの創作じゃ、、、となりがちなのですが、今回はあえてL型スプーンのフォルムをなぞりつつ且つアジアの古いところの匙をセントラルドグマに据えて制作しました。

もの凄く簡単に乱暴な説明をすると父親が作ったL型スプーンと古道具の匙を足して2で割ったスプーンを作る、、、という感じです。
しかし、この足して二で割る系の制作は根幹の部分が似たような性質の物同士の場合は結構すんなりとできるのですが、全く出自と足場の異なるモチーフを足して二で割る、、、となると結構厄介で、素材の違いもさることながら作られた時代の違いや使い勝手の違いをどのように克服するか、、、といった様々な問題へのアプローチを考えなければなりません。
上手く説明できないのですが、ラーメンと素麵を足して二で割って創作ペペロンチーノを作りました的な感じの制作だったような気がします。


もともと、アジアのスプーンは日本の粘りの強いふっくらとした米ではなく粟や陸稲、又は古代中国のように一度蒸した米を水で洗い粘りを取りパラパラとくっつかない米がより気高い食べ物だ、といったある種のスノビズムに基づいた米食圏内の道具なので、全然日本の食卓の風景からは遠いところのアイテムという雰囲気が強い感じがします。

一方父啓介が作ったL型スプーンは本人に聞いたところカレーライスみたいな物を食すときに使い勝手のイイものを、、、と漠然とした「昭和」の食卓を前提としていて、この昭和の昼下がり感とガチガチのアジアの歴史のトーテミズムが果たして混ざり合うのだろうか、、、というところが最初の印象でなかなか手強い制作でした。



今回制作した新型L型スプーン。

新型の形は繊細さを表現したかったのでノコで抜く時も結構神経を使う。


結果から言ってしまえば、今回の制作ではフォルムから追って行き使い勝手は後から修正していく、、、といった感じで、先ずは大陸のスプーンの印象を掴んだ後L型スプーン感
を味付けて行きました。この主軸となるべきモチーフの印象を掴むというところは創作の要諦のような気がします。
その後何度か試作を経て今回のフォルムに行きついたのですが、自分の中ではまずまずの出来か、、、、と思える物が作れたような気がします。




大陸系のスプーン色々。10世紀~19世紀。

スプーンクロニクルの中に入れてもそこそこ違和感を感じない出来かと。

L型スプーンと並べてみた。
新型の方がアジア感「強」。

ズラリと。

超ズラリと。

、、、、と塗り上がりましたらまたご報告いたします。

2019年5月22日水曜日

シナジェティクスハウスと工芸




今日は6月8日と9日に地元の三島町のクラフトフェア(ふるさと工人祭り)の告知ブログです、、、、、、

この時期は毎回フェアように何か制作しなければ、、、、と思っているのですがなかなかこれだ、 という決定打が思い浮かばず何となく前の展示会の続きみたいな感じで気が付いたら家と菓子切りを作ってしまった感があるのですが、このまま怠けていると何の告知も出来ぬままフェア当日になってしまいそうなので、一度ちゃんと更新しようという今日の告知です。

今日紹介のフェア用アイテムは、セールストークとしては「家」という工作物を疑似的に「木」というものの中に見出して創作とは何なのかということを問い質す為のある種自傷行為の延長線上の制作で敢えて用途や人工的美しさといった工芸品の「核」の部分を抜き去る事によって、、、、、というか家っぽい置き物でカワイイです。という風にしかたぶんクラフトフェアなので余計な説明はしないと思うのですが、とにかく菓子切り十数本と「家」2軒の紹介です。



ミリ単位の陳列。

ガサッと置いてみる、、


菓子切りは竹の臭いがした方がいいかな、、、
と思ったので、漆は塗ってない。

裏表、、、


、、、、、、です。工人まつりどうぞよろしくお願いいたします。

2019年5月8日水曜日

KDDI作戦。

ゴールデンウイークに制作した器たち。

先日の展示会では皆様大変ありがとうございました。

会津に帰って早々にブログを更新、、、、、と思っていたのですが、ネットワークの不備の為(KDDIに乗り換えたためにここ1ヵ月間モデムが届かなかった)更新できませんでした。

先月の展示会ごどうしていたかというと、逆光さんから展示会終了と同時に売り上げを貰い、その「血の売り上げ」で欅の材料を仕入れて酒器(ワイン用)をずっと制作していました。(なぜ、ワイン用酒器なのかというと「血の売り上げ」を投入しての制作なので「血の酒」を飲む為の器の制作は必然と思ったからです)
欅材はとても硬いので生木で制作して乾燥後また少し手直しをしてようやく完成なのですが、ほぼほぼ完成ということで、ここ1ヵ月間の制作の進捗状況、、、、といった感じです。

欅の材料と酒器。
オロナミン一本分の容量、、、、100mlちょっと。

肉体的な限界もあって2~3日で一個しか作れない。

スタッキングは極めて悪い。

蕎麦猪口と同じくらいの容量、、、と言えばいいのか。


そして↓の器は仏教っぽい感じで蓮の花びらと手の小皿。

仏教美術が高値でやり取りされるので、その余波にあやかろう、、、というもの凄く姑息な作戦、、、、、、なのでした。


姑息な作戦、、、

サイズ感を出す為にその辺にあったものを乗せてみる。


ケヤキは硬い、、、生木でも人力で制作するとなると数日間かかる、、、

と、いう感じです。
先日の展示会大変ありがとうございました。

2019年3月30日土曜日

ガンズ アンド カーペンターズ

カーペンターの創作物


「うるしドリフト」3日目終了です。

今日は中間報告のブログです。


ここ数日(2日間)なかなか苦戦おり、暇を見つけてはミリ単位の陳列を吟味する日々を打破する為ブログの更新を試みてみました。


どういう風に言い回して良いか分かりませんが、この2日間かなり暇、、、、という感じで店主のSさんと90年代後半の渋谷系アンビエント(ガスターデルソル)の立ち位置やペドロ・コスタとニコラペタスの関係性を語り合うあまりちょっと微妙な関係になっております。
しかし、こういった催事は店主と作家の関係は常に良好な関係でなければならず、そういった間柄保つためには何としても売上や集客は必然的な要素のように思われます。



こういった微妙な語らいを回避するための皆様のお運びどうぞよろしくお願いいたします。(酔いに任せての更新故に、サラッとしてしまいました。)



ペドロコスタ的な街並み。

実は結構スプーンが苦戦している。

ミリ単位の陳列。

ミリ単位故に全体的に写真は大雑把になってしまいました。





書肆逆光の入り口。


皆様どうぞよろしくお願いいたします。


2019年3月24日日曜日

dead民藝s

展示会「うるしドリフト」
会期 - 3/28〜4/4 12時〜19時 会期中無休
会場 - 書肆 逆光 東京都中央区八丁堀2-3-3 2階

※DM内地図表記訂正/【誤】昭和通り→【正】八重洲通り



パンクバンドっぽく並べてみる。

今日も28日からの展示会アイテムの紹介です。

今回の展示会は平たく言うと作りたいものを作った、、、というだけの展示会なのですが、その創作意欲についてちょっと捻りがあります。

今回はタイトルにもあるように「横滑りした創作物」というテーマで制作をしました。
前回紹介の「家」は創作意欲というものが作者にとってもし生理現象であったら、、、、というような感じのコンセプトで作ったものなのですが、今回の匙はもう少し作家性(一応個人作家のような自己顕示的な視点を極力排除して作る事に勤めた)に寄り添った形での創作物です。(ちょっと展示会直前の更新の為ブログに書きとどめる時間がありませんでした)

美意識と実用性からの逃避、、、、といった感じで制作し始めたのですが、作っているうちに徐々にコンセプトが逸れて行きちょっと説明の難しいものになってしまいました。



スプーン制作のつもりが徐々に匙の概念が壊れて行き。↓のような感じのものになってしまいました。

今回の展示会で一番ドリフト感が強い、、、と思っている。

全部並べてみる。

「家」の制作が腰痛で思ったほど出来なかった、、、、。



3.28(木)19時より『うるしドリフト』のトークイベントを開催します。朱文筵工房の戸枝恭子さんと手塚俊明さんと、制作の初期衝動について古作の漆器を交えてのお話。参加無料です。10名程度の募集です。gyakko3@gmail.comまで、お名前と電話番号を明記の上ご応募ください。まだ席に余りがあるそうです。

と、展示会直前でサラッとしてしまいました。展示会よろしくお願いいたします。

2019年3月9日土曜日

うるしドリフト/展示会のお知らせ。

 ※DM裏面の地図に間違いがあります。昭和通り⇒八重洲通り訂正。



「家」のメタルパーツ。

3月28日~4月3日まで八丁堀「書肆逆光」で展示会をすることになりました。
今回はその告知とアイテム紹介、、、、という感じです。

今回の展示会、以前金継ぎ教室をやらせていただいたり、色々と骨董品を分けていただいたり(値切り倒している)、と旧知の書肆逆光での展示会ということで他所のギャラリーでは出来ない企画をしてみました。


今回のDM。

今回の展示会は案内状に書いた通り「用」と「美」にとらわれない工芸品をメインに打ち出して行こうと思っています。

「美しさ」というある種のエゴイズムと「実用性」といった工芸品の持つべき本質的な部分をそぎ落とした工芸品というものを狙った展示会です。

実はこれは前々から思っていたことなのですが、工芸品の大きな見どころというか資質の部分で、肉体的なモーションの痕跡がある、、、、と考えていて、例えば硬い材木に打ち込まれた鑿や鉈の痕跡や綺麗に漆を塗ろうとして何度も塗膜塗ったり研いだりした僅かな痕跡は肉体的で、ある意味人間にしか出来ないことなのではないか、、、、と。
今日紹介する「家」はそういった部分を用途や美しさに集約させないようなモノを制作してみたい、、、という事を念頭に作られたモノの一つです。


木端に着いている樹皮を屋根に見立てて黙々と刳ってゆき窓を穿ち扉を付けるという作業によって作られた「家」は創作物というよりかは肉体運動の集約、、、という感じで制作して行きました。

しかし、ある程度作りためた時点で独特の素材感と工芸的なプロセスが妙に説得力がある、、、ように見えてきたのです。




製作途中の「家」

内部は実用的な感じになっている。

扉を取り付けほぼ完成。

完成時の内部。

集めると、妙な感じになるな、、、と。

ウエアハウス型のこの手が個人的に上手くいったと思っている。

アフリカの木偶を置いてみる。

今回のDM。

「うるしドリフト」3月28日~4月3日まで。
東京都中央区八丁堀2-3-3 2F
書肆逆光」にて。どうぞよろしくお願いいたします。


分かりにくい場所ですので迷われた場合、案内状記載の電話番号にご一報ください。
道案内及びお迎え等いたします。